INFORMATION インフォメーション

Passive
2021.04.30

パッシブハウスの要件・2021年最新版


パッシブハウスの要件・2021年最新版

Passive House requirements

パッシブハウスと見なされる建物の場合、次の基準を満たしている必要があります。

1.暖房エネルギー需要

暖房エネルギー需要は、年間の正味居住スペース(有効床面積)1平方メートルあたり15 kWh、またはピーク需要1平方メートルあたり10Wを超えてはなりません。

アクティブな冷却が必要な気候では、スペース冷却エネルギー需要要件は、除湿のための追加の許容値を加えて、上記の熱需要要件とほぼ一致します。

2.再生可能一次エネルギー需要

再生可能一次エネルギー需要(PER、PHI法による)、すべての家庭用設備(暖房、温水、家庭用電気)に使用される総エネルギーは、有効床面積1平方メートルあたり年間60kWhを超えてはなりません。(パッシブハウスクラシックの場合)

3.気密性

気密性に関しては、オンサイト圧力テスト(加圧状態と減圧状態の両方)で検証されたように、50パスカル圧力(ACH50)で1時間あたり最大0.6回の空気交換が行われます。

4.快適性

冬と夏の間、すべての居住エリアで熱の観点から見た快適性を満たす必要があり、25°Cを超える特定の年の時間の10%以下である必要があります。一般的な品質要件(ソフト基準)の完全な概要については、Passipediaを参照してください。

パッシブハウスの建物は、パッシブハウスプランニングパッケージ(PHPP)を使用して計画、最適化、および検証されます。

上記のすべての基準は、熱橋のない設計、優れた窓、熱回収による換気、高品質の断熱材、気密構造という5つのパッシブハウスの原則のインテリジェントな設計と実装によって達成されます。

パッシブハウスの建設には、次の5つの基本原則が適用されます。

断熱材

家の外壁のすべての不透明な建築コンポーネントは、非常によく断熱されている必要があります。

ほとんどの冷涼な気候では、これは最大で0.15 W /(m²K)の熱伝達係数(U値)を意味します。

つまり、温度差の程度および外面の平方メートルあたり最大0.15ワットが失われます。

パッシブハウスの窓

窓枠は十分に断熱され、熱伝達を防ぐためにアルゴンまたはクリプトンで満たされたlow-eガラスが取り付けられている必要があります。

ほとんどの冷涼な気候では、これはU値が0.80 W /(m²K)以下で、g値が約50%であることを意味します。

(g値=総太陽透過率、部屋で利用可能な太陽エネルギーの割合)

熱回収換気

効率的な熱回収換気が重要であり、良好な室内空気質を可能にし、エネルギーを節約します。

パッシブハウスでは、排気からの熱の少なくとも75%が、熱交換器によって再び新鮮な空気に伝達されます。

建物の気密性

ギャップを介した制御されていない漏れは、圧力差50パスカル(加圧および減圧の両方)での圧力テスト中の1時間あたりの総住宅容積の0.6未満でなければなりません。

(これは日本の気密性能測定で言うとC値=約0.1~0.2㎠/㎡程度になります)

日本の気密性能測定:総相当隙間面積 αA とは建物内外の圧力差9.8パスカル(加圧または減圧のどちらか一方)時の通気量から、隙間と等価の単純開口の有効面積を算出したものです。一般には、単純開口面積Aに流量係数α0 ≤ α ≤ 1を乗じたものを有効開口面積、有効面積または実行面積といいます。

パッシブハウスの気密性能はEN規格(EU(ヨーロッパ連合)域内における統一規格)及びISO規格(スイスのジュネーブに本部を置く非政府機関 International Organization for Standardization(国際標準化機構)が制定した規格)により定義され、EN13829 及び ISO9972 により気密測定は圧力差50パスカル時と決められています。これに対して日本ではJIS規格により定義され、JIS A 2201 により気密測定は圧力差9.8パスカル時と小さく決められています。

パッシブハウスの場合は50パスカル時の確定流量〇〇m3/h÷室内の空気の体積(壁内寸法×天井高さ=気積)=0.6以下でなければなりません。少しオーバーしただけでアウトです。他の数字でリカバリーできません。

日本基準9.8パスカルと国際基準50パスカルとの関係

なぜ室内の空気体積で考えているかというと、室内の空気を換気しながら温度を一定に保つためには、空気ボリュームに合わせてどれだけのエネルギーを投入するかを考えているからです。

パッシブハウスは物理学者が考えて計算しているので

今までの設計者が考えていないことを要求します。感覚ではなく、数値からエネルギーを計算するのです。

熱橋がないこと

熱橋を回避できるように、すべてのエッジ、コーナー、接続、および貫通部は細心の注意を払って計画および実行する必要があります。

避けられない熱橋は可能な限り最小限に抑える必要があります。