INFORMATION インフォメーション

Passive
2021.04.30

パッシブハウスはどのように機能するか・2021年最新版


パッシブハウスはどのように機能するか・2021年最新版

Passive House

this is how it works

 

効率がいい建物は「快適さ」が増幅します

 

パッシブハウスは、エネルギー効率の高い建設で世界をリードする標準です。

パッシブハウスは、典型的な中央ヨーロッパの建物で使用されるエネルギーのわずか10%を必要とします。

つまり、最大90%のエネルギー節約になります。

パッシブハウスの所有者は、エネルギー価格の上昇にほとんど関心がありません。

 

  • パッシブハウスは、暖房または冷房1次エネルギー ≦ 15 kWh /(m²k)

 

(居住空間に関連して)

 

  • 加熱/冷却負荷は最大10W / m2に制限されています。

小さなエアコン1台ではなく、パッシブハウスの場合はエアコンの加熱負荷の上限が求められます。

どのくらいパワーが小さなエアコンで、室内の壁・天井・床が同じ温度を保てるかが重要です。

  • 従来の一次エネルギーの使用量は120kWh /(m²a)を超えてはなりませんでしたが、これからは60 kWh /(m²a)以下の再生可能一次エネルギー供給(PER)になります。

これはパッシブハウスで簡単に実現できます。

  • パッシブハウスは気密でなければならず、空気の変化率はn50 = 0.6 / hに制限されています。

これは日本の気密性能で言うと相当隙間面積:C値=約0.1~0.2㎠/㎡程度になります。

パッシブハウスの方法論(n50)は、パッシブハウスの標準が空気変化率(ACH)@ 50Pa(n50測定)、つまり建物内の空気の量が1時間に変化する回数を測定すると述べています。 したがって、これは純粋に体積測定です。 パッシブハウスの方法論では、加熱する必要のある空気の量を考慮します。 したがって、内壁と床は除外されます。したがって建物の暖房エネルギーコストです。

  • パッシブハウスは、手頃な価格で高品質の建物と快適で健康的な生活条件を提供する持続可能な建設コンセプト

そして、その原理は非常に理解しやすいです。ハウスメーカーのような工法・材料の指定はありません。

  • 新しい建物はますます気密性が高まっているため、接合部や隙間を利用した換気だけでは、新鮮な室内空気を供給するのに十分ではありません。

新しい建物は昔の建物のように窓を開いても、換気しません。

新鮮な空気は単に快適さの問題ではなく、健康的な生活のための必要性です。

室内空気質(IAQ)は基本的なパフォーマンスの目標です。

したがって、換気システムは、将来のすべての住宅および改修には重要な技術です。

今のコロナの時代に適正な換気は家族にとって最重要課題です。

  • 換気システムは、最初は追加の投資が必要ですが、非常に効率的なシステムであれば、最終的にはかなりのエネルギーコストを節約できます。

パッシブハウス品質の換気システムは、あらゆる建物の運用コストを削減します。

  • パッシブハウスのコンセプトの出番です。

とにかく大量の新鮮な外気を建物に供給する必要があるので、この空気を暖房に使用してみませんか?

①余分な空気がなくなり、空気の再循環がなくなります。

➁不便な騒音や通風がありませんか?

このようにして、換気システムは2回の効果を発揮します。

  • この「給気暖房」の概念は、適切に断熱された建物、つまりパッシブハウスでのみ機能します。

専門家としての意見:

必要な熱が給気によって提供されることを確実にするためには、伝達と浸透の加熱負荷は10W /m²未満でなければなりません。

小さなエアコン1台ではなく、パッシブハウスの場合は加熱負荷のより少なさが求められます。

今までの家の必要1次エネルギーに比較して最大90%、平均75%以上削減する。それがパッシブハウスです。